女性だけが使える育毛剤でフサフサヘアに元通り

原因と効能

婦人

性別による違い

一昔前まで、髪が薄くなるのは男性特有の悩みだと言われていました。しかし、最近では20代で薄毛に悩む女性も珍しくありません。ドラッグストアやネット通販でも、女性用の育毛剤を取り扱う所が増えてきました。女性用の育毛剤と男性用の育毛剤にはどのような違いがあるんでしょうか。男性が薄毛になる原因は主に男性ホルモンの増加です。元々女性ホルモンが少ない男性は、薄毛になりやすいと言われています。女性が薄毛になる原因はストレスや乱れた食生活、出産が主な原因と言われています。このように、男女で薄毛になる原因が異なります。育毛剤もそれぞれの性別に合わせたものを使用する必要があります。女性用の育毛剤の効能は、主に血行の促進、固くなった頭皮を柔らかくする、頭皮の保湿です。髪の毛の根元には毛根があります。この毛根に血液中の栄養が行き届く事で髪の毛は伸びていきます。しかし、ストレスにより乱れた生活を送ったり、睡眠不足が続くと栄養がうまく行き届きません。特に女性の場合は筋肉量が少ないため、冷え性の人が多いです。女性用の育毛剤は血行を促進し、頭皮に十分な栄養を与える効果があります。また、固くなった頭皮を柔らかくすることで、毛髪が育ちやすい環境を整えてあげることができます。更に頭皮を保湿することで、抜け毛を防ぎ、髪の毛の成長を促します。育毛剤の匂いが気になったり、ワックスなどを使用する人は無香料の育毛剤を選ぶようにしましょう。